シンプルパフォーマンスセラピーで他人の相談に乗っている時も相手の感情に流されることがなくなりました!


Q人の相談に乗っているうちに
自分まで疲れてしまいます。
そんな時はどうしたら良いですか?

 

脳は、自分の話と他人の話を
区別することができません。

 

そのため、相手に対して
共感を繰り返していくうちに
他人の悩みがいつの間にか
自分の悩みになってしまうのです。

 

つまり、私たちは常に
人の感情に操られやすく
自分でも気づかないうちに
多くの影響を受けています。

 

また、ポジティブな感情より
ネガティブな感情の方が
移りやすいことも
研究でわかっています。


他者の問題を自分の内側に
持ち込まないためには
バウンダリーと呼ばれる
境界線を設定するのが有効です。


それでは、境界線を設定して
シンプルパフォーマンス・セラピーで
お悩みを解決された
生徒様をご紹介いたしますね^^

 

【森川さやか様】

他人から相談を受けても
相手の感情に流されることが
なくなりました!

54470A6F-086E-44BC-9E2B-58ED8A495E75

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

●受ける前のお悩みは何でしたか?

現在の仕事は体力的に厳しく
活動量も徐々に減っていることから
将来に対する不安でいっぱいでした。

何か新しい事に
チャレンジしたいと思いつつ
変化の無い毎日を送っていたことに
後悔していました。

 
●講座を受けて、人間関係や
仕事面においての変化は何でしたか?

相談を受けることが多く
相手に感情移入をしてしまい
今までは、一日中そのことが頭から
離れなかったのですが

セラピーを実践していくことで
自分を見失うことなく
本来の自分にしっかりと
戻れるようになりました!

 

●一番変化が嬉しかったことは何ですか?

仕事、生活、家族に関する不安が軽くなり
前向きになったことです!

 

●養成講座の感想を教えてください。

受講して良かったです。
講師の方々がなぜあのように明るく
自然体でいられるのかが
良くわかりました。


大変シンプルなテキストですので
やることもシンプルでした。

 

複雑であったり難しいこともないので
途中で投げ出す心配もなく、
楽しみながら進めることができました!

 
●どんな方におすすめですか?

万人に適用するセラピーですので、
不安や悩みがある方はもちろんのこと、
向上心のある前向きな方にもおすすめです!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

森川様、素敵なご感想を
ありがとうございました^^

 

他者の悩みはあくまでも
他者の悩みです。

 

境界線を設定していくことで
必要以上に相手に
感情移入することがなくなります。

 

すると、不要なストレスを
感じなくなるので
今よりずっと楽な気持ちで
過ごせるようになります。

 

相手の気持ちに寄り添って
相談に乗ってあげることは
とても大切なことですが

 

気がつかないうちに
ストレスを感じる前に
”境界線”を意識していくことが
大切です^ ^